すきなものをすきなだけ、

軽率に、好きなものを好きなだけ。

アイナナが思わぬ深い沼だった件。



ツイッターにざざっと書いてあれ?これネタバレじゃね???ってなって一気に消してしまったのですが、やっぱりガリガリ書きたくなった。


※ネタバレ軽く含むよ







アイナナが思ったよりもずっとずっと深い沼だった件。
推しはめっぞコンビ(特に四葉環)と六弥ナギと九条天。



リリースしたばっかりの頃一度DLしたんだけど音ゲームの方の感覚が掴めずつづかなかったのと、ストーリーの前振りが長くて、というか一人一人の設定が細かくてかつ台詞が長くて、気楽に音ゲーがつがつやりたいマンだったわたしはすぐ飽きる( ˙-˙ )( ˙-˙ )
しかし数ヶ月放置した後に、ふと四葉環生誕祭の情報が入る。
始めたばかりの頃も可愛いな〜と思っていた子だったし、イベントで石も集めるだけ集めたあとに飽きて回してなかったからあるし、で、回して、回したならせっかくだからストーリー進めってみっかー(ハナホジ)で始めたのが最後。
ゲームは慣れたら楽しくて仕方ないし譜面が気持ちよすぎるし、いい曲ばっかり!!!

そしてストーリーがまぁぁぁっっっ重い!!!!!(笑)というか!おっもい!!!(笑)
一部は、陸くんのからだのこととか環くんの妹のこととか、そうちゃんのお家のこととか、そういうキャラ単体の問題も重いんだけど、彼らがユニットとしてぶち当たる壁がリアルなんだよな。とても。
ただのシンデレラボーイのストーリーじゃないんだよな。メンバー同士が言いたいこと隠してどんどんほつれた部分が絡まって、うわさに惑わされて、プロ意識もちょっと欠けてて、不器用で不完全で見てるこっちがハラハラする。

アイドリッシュセブンには不器用で優しい子がやたら多い印象があって、そこがこう、めんどくさい要因でもあるんだけど。
その複雑さゆえに進めるのしんどくなってダレそうになったときに、いつも食い止めてくれるのが六弥ナギと九条天。
わたし六弥ナギと九条天いなかったらアイナナここまでハマってないとおもう。笑。

天くんは始めた頃から好きだった。
この子はプロのアイドルだ!安心して推せる、自分たちのパフォーマンスに絶対の自信があって完璧を目指してる、プロのアイドル。台詞喋る度にあ、この子最高だわ!って思った(笑)。天くんはどんなに陸くんにいじわるなこと言ってても、正論なんだよな。ファンとの向き合い方もステージで立つ時の誠意と覚悟も、ちょっとひねくれてるけど、いつもわたしがステージに立つ人に対して「そうであって欲しい」って思ってることを理解して、汲み取ってくれてる。アイドルの鑑みたいな子だ。
ひねくれてるけど(笑)そこもかわいい(笑)

そして六弥ナギ。この子の存在の大きさをグループというかストーリーのターニングポイントを迎える度に実感する。最初喋り方気になりすぎてしゃべる度笑っちゃってたし、美男子なのにガチヲタとか設定謎すぎたんだけど、この子だけは、たぶん、ずっとぶれて無い。
噂に流されそうになったときも、陸が倒れちゃったときも、陸と伊織がうまくいかなくなったときも、二部でファンの「好き」が彼らを苦しめる話(これ刺さりすぎてボロ泣きした)のときも三月がどうしようもなくなって泣いたときも、いっっっつもナギは、励まして元気づける側にいる。ナギの「大丈夫」がすごく好きで、いつもナギはみんなに大丈夫、私たちは大丈夫です。ってほつれまくった糸一個一個丁寧に解く手伝いをしてくれる。
六弥ナギはいつもバラバラになりそうな7人を一つにしてくれるきっかけでいてくれる。
これは中の人効果で言ってるんじゃないよ(笑)六弥ナギだからだよ。
ほんと六弥ナギ、いい子なんだよ。泣。

あとアイナナ、紡ちゃんの存在時たま消えるとおもうんだよね。(笑)
最初なんだよさみしいじゃねーかーって思ってたんだけど。結局、アイドルがぶち当たる壁はその人たち自信がぶち壊すなり、乗り越えるなりしなきゃないんだからそりゃそうなんだよな。

ただあまりにも出てこなくて、あれれ??これマネージャーいる?必要???あれれれ?って思ってたタイミングで複雑に絡まって、負の連鎖が止まらなくて、みんなが元気なくなって、どうしようもないタイミングで、出てくるのよね。ここでみんなが紡ちゃんの存在の大きさを実感するの。ほんとかっこいいの。小鳥遊紡がたぶん一番肝座ってる。
かっこいいのよこの子。まじで。(熱弁)
なわなら小鳥遊紡推しだよわたし。


小鳥遊紡の目線でプレイしてるはずなのに、ただのアイドリッシュセブンとTRIGGERとリヴァレのファンだから、ファンとして読んで、ファンとして聞いて、ファンとして悲しくなって、ファンとしてどんどん成長していく彼らを見るのが楽しくて楽しくて仕方ない。
沼深ェェって思いつつ沼の生活謳歌してる候。

四葉環に萌えまくり六弥ナギと九条天に励まされながら、最後はやっぱりターニングポイントになるライブの七瀬陸の言葉に全て救われて、泣いてしまった二部の中盤。
しかもそのタイミングで打ちだした曲がRestart Pointerってまじ天才かよって泣きながら思った。ほんと。最高か。
今回配信分もすべて読み切ったけど、まぁぁぁ見事に泣いたよね。リヴァレ〜〜〜〜(;_;)しかもDis Oneどちゃくそかっこいい。

あ、うん、やっぱアイナナどはまりしたのは曲の良さもあるわな。アイナナももちろんいい曲いっぱいなんだけど、めぞとTRIGGERとリヴァレ好きすぎる。ど真ん中直球ストライク。


そんなこんなで、アイナナは、ストーリーを進める度に、曲が増えていく度に、どうかもっともっと、彼らが大きくなりますように、彼らがやりたいと思うことがひとつずつ叶っていきますように、と願わずにはいられないのです。


8/20 追記。

アイナナ一周年おめでとう!
これからもみんなが、だいすきだ!