読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものをすきなだけ、

軽率に、好きなものを好きなだけ。

出戻りファンの出戻り日記


わたしときどき、ひょんなことから愛情が爆発する。笑。

10&15th anniversaryの映像トレーラーを観てUVERworldへの愛が爆発した(笑)ああ、わたしこの会場とは違うけど、彼らが今ツアーで届けたかったものちゃんとキャッチできたんだなぁと思うと、嬉しくてたまらない。

寝れないついでにセットリスト聴きながらひとつずつちゃんと思い出してみたりしてる。

まずなによりびっくりしたのが会場入ったときにモニターで開演時間までカウントダウンの数字が映し出されてたとこ。
そんで、そのカウントダウンが1分切ったあたりから会場がソワソワソワして立ち始めたとこ。
だってあの、定刻通りで始まった試しがないバンドだよ???少なくともわたしが過去に行ったライブの中でぴったり定刻通りではじまったライブなんてなかった気がする(笑)10分押すなんてざらだったし、ちょっとでも会場広いと30分遅れたこともあったし。
だからそのカウントダウン見て1分前からソワソワソワし始める周りのファン見た時も「いやいやいやwww気が早いwwwwむりむりむり始まんないから」って一緒に入った子と笑ってたし(最低)10秒カウントダウンし始めたときですら椅子座ってのんきに構えてたんだけど、カウントが0になって会場が沸いたつぎの瞬間、暗転。
思わず、は????????って言ったしSE始まった瞬間立ち上がって叫んだわ。
いつから、いつからそんなことができるようになってたの???いやたぶんあのカウントダウンも今回ツアーの仕様で今ツアーの後半戦ってのもあったからファンも知ってたのかもしれないけど。周りが知ってて、わたしが知らないUVERworldの姿に正直面食らった。いつの間にそんな技を!!!
知らないわよわたし!!!!!みたいな笑

知らない部分とか過去曲のレスポンスが揃わない感じ(自分の過去の記憶とノリが違う)とこもあったけど、でもやっぱり、彼らは大きくなって、昔よりかっこよくなっても、変わらないことが嬉しかった。

たくやくんは昔から曲の振りがめちゃくちゃうまくて。その曲にもってく空気作るのがっていうのかな。曲前のMCの時点でつぎこれかな?とか、これだろ!つぎ!!ってファンをわくわくさせてドンピシャのタイミングでその曲のイントロ入ってくるんだよね。何個かうわ〜〜これきたよ〜〜おい〜〜みたいな振りと曲あったんだけど全然思い出せない(ぽんこつ)


3年前のライブで過去曲なんてやらない日がくるって言ってたUVERworldが、去年、初期の曲をやってツアー回ってるってきいたときはぶっちゃけ「過去曲好きなファンのご機嫌でも伺ってんの??」って思ったけど、全然違った。
3年前「過去の曲なんてやらなくてもいいぐらいかっこいい曲作っていくよ」って言ってた。
今ツアーのMCで「俺らの歴史振り返ったいこうよ」とも言ってたし「みんなにとっていい思い出だったり、大事な曲なのと同じくらい俺にとっても過去の曲は大事な最高な曲だと思ってるよ」
「みんなの曲への愛情がめちゃくちゃ嬉しいよ。好きなように、楽しんでいってよ。」とも。

それでも、ライブの後半戦。

でも、でもさ、俺はやっぱり今の最新のUVERworldがかっこいいって思ってんだよ!!!今のUVERworldがいいって思ってもらえるような曲作るよ!!

「これが最新のUVERworldだ」

そう思い切り叫んで最新曲をぶっ込んできたTAKUYA∞が、悔しいけどその日で一番、一番かっこよかった。
当たり前なんだけど、その会場にいる人のほとんどがきっと、今のUVERworldを好きな人だろうからだけど、一番盛り上がってたし、会場全体震えるぐらいの歓声と人が跳ねる振動がビシビシ伝わって完全に圧倒された。
変わってなかった。
全然変わってなくてびっくりした。笑。
自分たちの今を見てくれ、っていうきもちがはっきり伝わってきた。かっこよすぎか。笑。


分かり合えることの方が少ないから
僕らはさよならを言われるかもな
でもね、そう思ったのならそれがいいんだよ
きみが選んだ道が何より大切さ
それに、もしもきみが戻ってきてくれたらもう僕たちは離れたりしないだろう、

みたいな歌詞の曲あったなぁ、あれの通りだ
おかげさまでまた再燃した。一度のライブで簡単に引き戻された。
あと完全に地元贔屓なんだけど、自分が行ったライブのセットリストがどこよりも最高だと思った。
UVERworldのファンへの愛情と挑戦がぎゅーーーって詰まった二日間だったのです。








でもやっぱり後悔しているかもしれない



録画していたHey Hey Hey Neoを観て、やっぱり箱の熱くてむさくるしくて人と音がぶつかったり転がったりする空間がやつぱり恋しいなぁ、って。思う。

ここ最近ずっと、エルレやエイタスやストレイテナーや、エレカシを聴くたびに過去のライブを思い出して、あれ?やっぱりわたし行くべきだったんじゃ??とちょっとだけ、ほんとに後悔してる。こう、すごく引きずるほどのものではないけれど。
やっぱりあのフェスで見るバンドの輝きは違うんだよなぁと思い出してみたりしてる。

ただ、あの界隈にはあの界隈なりの価値観とかその価値観の押し付けとかあの界隈特有の古参新参のどうでもいいディスり合いとかいろいろあって。
むだに仲間うぇーい↑つい廃いえあぁぁ↑音楽ダイブモッシュ最高いえぇあ!みたいなツイートに溢れるTL見てると疲れるし、なんだかなぁ、とも思うんだよね。とてもわがままなんだけど。

でも、音楽って素晴らしいなぁとか、人の情熱ってこんなに人を夢中にしてくれるんだなぁって気づかせてくれたのは紛れもなくあのバンドマン達で。

2012のAIRJAMで見たハイスタの伝説級のかっこよさは一生忘れられないし、去年の冬のUVERworldは史上最大に泣けたし、2年前にブルレジで見たthe HIATUSはいろんな意味でミラクルでああわたし幸せだ愛してる〜〜って心底思って泣けたし、AIRJAM2012の夕暮れの中で聴いたDragon Ashも、 ベイキャンで夜中の午前1時に雨の中で見たDragon Ashも、アラバキの小さいステージで見たMWAMとその2年後に最大キャパのステージで見たMWAMは同じぐらいめっちゃかっこよかったし、いつも手伝いにいくフェスで見る細美武士は、どこで見るよりも、そして誰よりもかっこいいって思ってる(笑)これはほんとにね、かきはらてつやもえぐちたくやも敵わないんだな(笑)

エルレが 活休してから毎年、活休した日には欠かさずブログを更新してくれて、2013年は、待ってるの辛いよなー俺も辛いよって書いてたから、あーまだまだ先なんだろうなぁって思ってたんだけど、今年は例年より前向きなことを書いてくれて、「俺はバンドが3つになって超大忙しになるな」って。
それがなんだかとても前向きに見えて、その未来は遠くないのかもしれないって勝手にわくわくして、叶うかどうか実現するかどうかもわかんないのに、一曲目のSupernovaからモッシュツッコミながらら大泣きしてる自分が容易に想像できるんだ。

もっと違うこと話そうと思ったのに、エルレ聴いてたら気づいたらほそみの話になってるな(笑)わたしの日記はグダクダ好きなことを、書いていつも終わる。

復活ライブは、仕事休んででも、周りに協力を要請してでも死に物狂いでチケットもぎ取って行きたい。











わりと平気なもんだ。




あのフェスに行けなかったこと、自分でもっともっと落ち込むと思ってたんだけど、案外そうでもなかった(笑)
Fb消したおかげで周りのキラキラ活動報告見てないからかもしれないけど。

やっぱその程度だったんだな〜と思う。

でも会社でもライブ好きフェス好きな子で知られてるから、今年いかなかったのー?とか、会えなかったねーとか、いってると思ってたー!とか言われるとやっぱり、そうだよな〜〜ってちょっとしゅんってなったり(´・ω・`)
その反面、多少羨ましいきもちもあるけど3割り増しぐらい盛って「羨まし〜〜!いけばよかった〜〜!」っていってる自分ほんときもいな〜〜と思ったり。行かなかったことさほど後悔してないくせに。


こーんなぐるぐるぐるぐる考えながらバンドとフェス観る観ない決めたのはじめてで笑うわ。


最近は仕事から帰るともっぱらエレカシを聴いています。いいよね。



君は僕を夕陽みたいだと言ったね

 
 
 
スタッフとして参加した去年も含めて4年連続で足を運んでいたフェスに今年はじめて行かないことにした。家族で行くつもりだったけど都合つかなくなったから。というのは半分ほんとで半分建前。笑。
わたしの都合はなんとでもなるのに、行かないことにした。
はじめて、あぁ行けないって。思った。
 
ボラ/ンティアで知り合った人たちが今年も何人かスタッフとして行くらしい。SNSに投下される、意気込みとか◯◯にいます!の報告を見る度に、わたしはこの人たちのようにはなれない。って沈んだ。彼ら(彼女ら)みたいにずっとキラキラできない。
それを見るのがしんどくて、iPhoneからFbも消した。ツイッターもほとんど表アカには入らない。
目をそらして、ごまかす。
 
あるライブにボ/ラ/スタッフとして参加してから、みるみるうちに今までのやる気が嘘みたいに、萎んだ。
やりきった達成感より、やれなかったことの後悔の方が何倍も大きくて。そのイベントが悪かったわけじゃない。きっと周りは誰も悪くない。わたしの気持ちの問題で、結局今までやってきたこともわたしのエゴで自己満だっただけだと気づいただけで。その証拠に次こそはもっとやる!よりも、限界感じて、踏み込んじゃいけない一線越えたなって、見限る方を選んだ。
ひとつのフェスを作る側に何度か携わってその一端を担えた時、お客さんの笑顔が嬉しくて、たのしくて、ステージに上がっているアーティストに《仲間》だと言ってもらえることが誇らしかった。3年前のフェスのスタッフやったあとは本気で、本気でエンターテイメントを提供する側の仕事をしたいとも考えてた。
同じ目線で作る側として立っていることに酔ってたんだな。きっと。自己陶酔もいいとこ。笑。
 
作る側の気持ちや楽しさを覚えたはずなのに、いざ自分の無力さとか向いてなさとかコミュ力のなさに直面したらぜんぶ嫌になって、興味すら萎んでく。勝手だよな〜ほんと。笑。
 
本気で取り組んでる周りの人たちに失礼だし、恥ずかしくて、なにもできない、しちゃいけない。って思った。
大好きなバンドマン達は東北を心底愛して、足繁く通って、痛みも苦しみも悲しみもぜんぶひっくるめて東北を知ってくれてる。そんなバンドマン達のライブをどんな気持ちでどんな顔で見たらいいかわかんない。初めて、あぁ今は見れないなぁっておもった。
 
鬱々と書いてるように見えるけど、日々ヲタ充して4月に遠征二本(きらみゅん)いれる元気はあるし、仕事から帰ってきては、アンスタとアイナナはしごして二次ドルにきゅんきゅんしてるし、毎日えぐちたくや愛してるから結婚してくれって思うぐらいには元気なんだよ。ふふん。
 
 
でも、ふと、その大好きなバンドの曲を聴くと、次彼らがライブするってなったとき、わたしはこの人たちのライブにいけるのか、とか考える。
全然軽率になれない。
おかしいなぁ。(´·_·`)
 
彼らを大好きになるきっかけになった大好きなフェスに行けない寂しさよりも、今年もなにかしたいと思う気持ちと、でも追いつかない萎みきった気持ちの間でずっとふらふらふらふらしてる。ふらふらしててしんどい。
いつかちゃんとまた向き合えたりするかな。
 
 
 
 
タイトルは大好きなバンドの大好きな曲の一節を和訳したもの。
 
 
 

ビーフェス Spring in 東京

いってきましたビーフェス春!

この日のために1ヶ月前にスキンケア尽きたタイミングで総替えして、2ヶ月サボってたマツエクにもいって、9ヶ月月ぶりぐらいにパーマもかけて。
食べ物気をつけて1週間前から毎日小顔体操とパック!乙女か!って話なんだけど、だって、だって最前なんだもの!!!!
ともだちが当ててくれたのです。感謝。
そりゃ盛る!ブスには限界があるのは百も承知だけどがんばっちゃう。
ちなみに、ネイルはばっちり赤推し(笑)
f:id:bunaco92:20160420182848j:image
個人個人でまとめようかな。

まず、りょへくん!
ちょっと疲れてたのかなぁ、という印象はありつつも、いつもの調子でえぐちくんをいじってよなーを可愛がって、笑顔がとっっっても可愛かったです。
あアンケートの答え拾われた女の子探して見つけた瞬間にその子のこと褒める、「ふふっ、かわいい」とか「顔ちっちゃー」とか、小ワザ効かせてくる感じがやっぱり女の子のツボ心得てるなぁって。わかってるよ。こういうの好きでしょ?って思ってるのも伝わってくるんだけど(笑)あざとさも含めドキドキしちゃうよね。
ただファンサする子しない子の法則見つけてしまった気がして、結構寂しかったな。笑。たぶん、ゲラゲラ笑ったり突っ込んだりしない、おとなしめの子にしゃがんで声かけてたりしたから、わたしぜんぜんいただけませんでした。彼の気遣いなんだろうし、彼等アイドルじゃないから、気にすべきじゃないんだけど、好きだからこそさみしいなぁ。
せっかく赤ネイルしたのに(´・ω・`)。笑。
でも本人がたのしそうだったので良し!(笑)八重歯かわい!

よなー!
よなはね、気配り屋さんだなぁ。
どのイベントいってもそうなんだけど、いつもこう真ん中に立って自由人2人をコントロールというか、うまく中和してるのがよなーなんだな(笑)
会場も後ろも前もぜーーんぶ拾ってくれるというか、よく見てるなぁという印象でした。あとやっぱり一番男らしいきがする!
アンケート拾われた子に対するコメントもスナックのママっぽかったり、キャラ崩さずに思わず「優しい〜〜」って言っちゃう代永さんの人の良さ1000%滲みでてたイベントでした!後やっぱり痩せてかっこよくなったよね!目合うとドキドキしちゃうもん!(笑)
5年前の自分のこと「この時俺すげーでぶ!!!」っていってて笑った。
みんなのお母さんみたいで、可愛かったです。笑。


えぐちくん!
そう。彼が彼が問題です。いい意味で。可愛くて可愛くてもう。
入場して挨拶する前にお手振りしてくれたんだけど、周りが推しの名前呼んでるのに乗じて
「 えぐーっ!♡」って呼んだら(りょへくんの名前はいつも緊張して呼べない)
ぱってこっちみて頭ちょこんって動かしてにこってお手振り。
.......なにあれ!!!?かわいい!!!え?!!!あれ?!!えぐちくんこんなイケメンだったっけ?!?ってか背高い顔ちっちゃーい。゚(゚^ω^゚)゚。ええ!!なになになに!!!えぇぇっ!!
めがねかわいい!!!え!?!!

始まってからも、わたし笑い声でかいしうなづくのもでかいし、爆笑しすぎて手叩いちゃうし「やばい!」とか「かわいい〜〜!!」とか言ってたら、ちょくちょく目があって。
勘違いも含まれると思うけど!笑
もうっっドキドキしちゃって!!
しゃべると抜けてるし、なぜかいっつもいじられ役に回るのに、ピアスギラギラだなぁとか、クロムハーツみたいなごっつめの指輪が白くて綺麗な手によく似合うなぁとか、細かいとこまで見れちゃうし、こう、だめだ。書きながらにやにやしちゃう。笑。あとマイク持って他二人と話すときちゃんと相手のこと見話すから喉仏やばいなぁとか。
個人的にきゅんっだったのが誰か話してる間、こう、マイクぱって横によけて音拾わないようして「んんっ」って咳払いしてたのが聞こえたとこ。書いたらきもすぎてひくんだけど、ひゃーーっ。ってなる。
そして何より、しゃべってしまった!!!
しゃべってしまった!!!!!
5年前の映像見るシーン(会場暗転)で、なぜかえぐちくん床にごろんってしてて(肩肘だけで体支えて片方マイク持ってる)
それだけで、家かな?!?家なの?!
彼女と過ごしてるときそんな感じなの?!?ねぇ?!?みたいな良からぬ妄想大爆破だったんけど。
気づいたらちょっとずつ客席の方に寄ってきてて、薄暗い中だったけど目あってたのわかったし、99%そうだと信じてる。
ほんの数秒間だったんだけど、ふつーにふつーに、その瞬間は映像面白すぎてふつうにコメントしてそれに返事返ってきてまた返してって気でいたんだけど、今思い出すとめっっっっちゃ恥ずかしい!

一連の感じで思ったのはえぐちくんはなにかしゃべったり笑ったり突っ込んだりしてくれる子に目線向けたりコメント返したりしてる感じがしました。
5年前のえぐちくん可愛すぎて会場思わずみんな全力で「かっ、かわいいい〜〜!!!」ってなった瞬間も「ふふふふふっ(声高いやつ) 若いな〜〜俺!」嬉しそうに会場と映像交互に見てて。
もう動きがとにかくとにかくかわいい。
昇竜拳!みたいなかっこで上手と下手でそれぞれジャンプしたり、キョロキョロいろんなとこに目線やってて。

退場のときも目線遠くにしてお手振りしたあとにゆっくり前歩いて、前列にもにこにこして「えぐーー!」って名前呼ぶとやっぱりパッて気づいてにこって目線合わせてくれて、最後に礼して見切れるまでバイバイって会場に手振ってました。

終わってからしばらく友達とえぐーかわいい〜〜〜どうしよ〜〜。状態。
なんかもう、いろいろとキレッキレで話もぜんぜんぐだぐだしてなくて、絵のセンスはほんと最悪だけど(笑)それ含めてかわいいってなっちゃうぐらいにはやばい。

たぶん、去年のソロライブでえぐちくんのコメントに泣かされた日からえぐち沼の淵に立ってたし、ブックカフェいくつもりで早稲田までいって運命的に出会ったカレー屋さんでカレー食べたり、キーホルダー三体ぜんぶえぐちくんで揃った時点で沼に落下するのは決まってたんだなぁ。
f:id:bunaco92:20160420193944j:image
f:id:bunaco92:20160420191928j:image

かわい。
ぐなるは基本的に三人が三人でいるときが好きだから箱推しなんだけど、しばらくはえぐちくんぞっこんらぶの模様です。





Uncle Bomb 1st Event

はじけた おじさん!

その名の通りほんとにほんとに弾けてた笑 

しゃべるのお上手でおもしろい二人がおもしろいことしようとしてるんだから、おもしろくないわけがなかった。
トークコーナーネタすぎる。笑。笑いすぎて顎疲れた。
なんかこう、可愛いし。ふたりがお互いが大好きなことひしひし伝わってくるのよ。40歳越えのおじさんがだよ。
すばらしすぎるよ。


朗読というか、お話読むシーンでは、ほんと息を飲むというか。
わたし含めみんな、その前まで浪川さんが黒いとか、ホストのオーナーやってそうとか、よっちんがオカマキャラとか、きゃーきゃーしてゲラゲラ笑ってたのに、あの朗読に入っただけで、空気が一瞬で変わる。飲み込まれる。
惹き込まれるっていうのかな。
アフレコとか朗読聴けるとわかるんだけど、わたしはそういう時間が、演者さんってほんとにほんとに素敵で、素晴らしいなって思う瞬間で、わたしこういうところがきっと好きなんだなぁって思うんだよ。その方の話し方とか、感情の込め方とか、息の抜き方とか、抑揚ひとつで、その人自身の見え方が180度変わるの。一挙一動で見る人の目が全然違うの。数分前までゲラゲラ笑ってた人間がいつまにか二人の演技で泣いちゃうのです。すごいことだと思うのです。人の心を動かしたり、影響したりするのってすごく難しくて大変なことだと思うから。
あれを観れただけで行ってよかったとおもえました。

ライブパート!!!!
もうね!!!!楽しすぎた!!!
最高たのしかった!!!
ずっと笑ってた!!口角上がりまくり!
想像の倍ぐらい汗かいた!!
楽しくないわけなかった!!!!サイドからバンド様方が出てきた時点でわたしのテンションはマーックス!!!!
生バンドやっぱりかっこいいよ〜〜!

はじまりのうたでよっちんがバンドメンバーに歌わせたり、二人が全力で煽ってくれたりするの見る度ああ生ってやっぱりいいなぁ、かっこいい。ってドキドキしてた。こういう生の音と声ってCD音源より音質とかコンディション的にパーフェクトじゃなくてもなんでこんなにかっこいいんだろうな。
何よりアンボムの二人がまじで楽しそうで。笑。
社長のファンサ激しめで笑っちゃったんだけど(笑)やっぱ本能として綺麗なひと選んじゃうよね!!!!ブスは黙るね!!!!楽しいから許す!!!!←

でもほんと歌もダンスもバンドのみなさまも、お客さんを楽しませることに全力で、全力な姿がかっこよくて。
朗読の内容も関わるんだけど、もうちょっと仕事頑張ってみようかなって思えた、楽しい楽しいライブでした。
だいぶ元気チャージできた!!
つぎはキラフェスかな〜〜〜!

また二人が一緒に歌っているところを見れますように。

 

つめつめつめ。


気づいたら恒例になっていた
イベントに合わせて爪塗り塗りするのがくせになっていたので、まとめてみた。

f:id:bunaco92:20160301223136j:image
▷キラフェス2014 
自爪にやるの下手くそでチップを地道に作りました。柿原くんカラー。
100均ネイルで色味気にいらないけど、すげー時間かかった気がする。

f:id:bunaco92:20160301223849j:image
▷キラフェス2015!笑
2014→2015までもちょこちょこやってた気するけど、ピンクだけとかだったから、普段の感じと変わらなかった気が...。
キラフェスだと気合入っちゃうの。\( ˙ ˙ *)/笑
この辺から楽しくなってくる。笑。 

f:id:bunaco92:20160301225018j:image
▷きらみゅんファンミーティング 仙台
これが一番好き。かも。
色合いも一番考えたし、丁寧にぬったし、何回も修正した。笑。
自己満だけど一番満足な仕上がり。

f:id:bunaco92:20160301224638j:image
▷大罪イベント
TDS行く予定あったしマリンマリン⚓︎ 意識笑 
f:id:bunaco92:20160301224927j:image
▷Trignal ソロライブ!
付け焼き刃すぎてとても汚い!!←
この日まんまと黄色に泣かされる!←

f:id:bunaco92:20160301225007j:image
▷黒バスCUP 
秀徳カラー!みどちん!たかおちゃん!

f:id:bunaco92:20160301225233j:image
▷LiSAソロライブ 
エンプティー マーメイド!!
ポップでロックなかんじ。

f:id:bunaco92:20160301225429j:image
▷柿原くん AtoZ Tour
ただのデート仕様♡


今年はどんなやつにしよかなー!