読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものをすきなだけ、

軽率に、好きなものを好きなだけ。

ロック厨がKiramuneにはまるまで。


人生初のライブはEXILE。笑。
ライブハウスで初めて見たのはONE OK ROCK 。 
これまでで一番多く見たバンドはUVERworld
福島、山梨、東京、どこまでも追いかけて、わたしが被災地に行くきっかけになったのは、the HIATUS(細美武士)

ライヴハウス独特の心臓に響く音と熱気、バンドと観客の熱量が入り混じるむさ苦しくてキラキラしたあの自由な空気に魅せられて他にもいろんなバンド見に行ってました。5年間合わせたら40公演超えるかも...

そんなわたしがなぜKiramuneにハマったのか。今となってはヘドバンよりキンブレ振ってることの方が多いのはなぜだ。笑。
って考えたらやっぱりキラフェス2014がきっかけだったなぁ、って。

キラフェス行くまでアニメは好きだったけど声優さんまでは詳しくなかったし(これは今も)、声優さんのライブもほぼ行ったことなかったし(ヴヴヴイベで奈々様と西川兄貴見た一度だけ)、キンブレも振ったことなかった。
そしてまさかの人生初の最前列。
あんな良番後にも先にも無いと思う。

すべてが初めてだったキラフェス2014。始まった瞬間の悲鳴に最初は、(´⊙ω⊙`)!?!?!!!っていうのが正直だったんだけど、気づいたら自分もきゃーって叫んでました。笑。
とにかくちょろいの。

そういえば、キラフェスに行くきっかけは、ともだちにキラフェス2010のライブDVD見せて貰ったり、音源借りたりしてたことで、知ったばかりの頃に
わ〜〜かっこいいなぁ!って思ったのは柿原くんの歌で、好きだな〜って、一番多く聴いたのはCONNECTだったな。
なので、キラフェス2014誘ってもらった時はとっても嬉しかったのです。

もう、とにかくびっくりするぐらい楽しくて、楽しいことにまずびっくりしちゃって。なにせ箱のごちゃごちゃした汗臭いライブしか知らなかったからな。笑。

な、なんだこれはぁぁって!
楽しい!!!たのしいじゃないか!
って。とにかく感動とドキドキとときめきが半端なくて。なんかすごく元気になれるなぁって思ったの。

ファンの方も、見てもらえるようにとかもあると思うけど、自分が好きな人に好きだよーって伝わるように、そのカラー一色でコーディネートしてきていたり、可愛くてキラキラしてて。
ちなみに箱行ってた頃はどうせピッドに突っ込んでぐちゃぐちゃになるし、仮に突っ込まなくても歌って踊って跳ねて汗だくになるので、バンT!ショーパン!タオル!なんならほぼすっぴん!

キラフェスは軽率に青いバンドTシャツ(狼さん)着て行って横アリ前でとんでもなく恥ずかしかった記憶がある。

あと、ファンの人たちの曲の知識量に驚いた..だってイントロ数秒で色変えるじゃん。あれすごいですよね。わたし今だにできない。それだけみんながそれぞれを応援してたくさん聴いてるんだなって思って。だれが出てきてもそれぞれのカラーに合わせて一生懸命キンブレ振ってる人がたくさんいて、そこも実はびっくりというか、尊敬。 それぞれ推しのカラーがあるのは知ってたから尚更。
なんて素敵な人たちなんだろうっ。

比べる対象がいちいちバンドで申し訳ないんだけど、何バンドか集めて合同でライブやったり対バン形式でライブやると、もぎる時にスタッフさんに何見に来ました?って聞かれてそのバンドごとにチケット回収されることもあるし、ぶっちゃけ自分のおめあてのバンドが出るまではわりと自由。棒立ちなんていくらでもいるし、酒飲んでようが、フロア出てタバコ吸ってようが、だべってようが、自由。

別にそこをどうのこうの言いたいわけじゃないし悪いなんて思ってなくて、そこが箱の《自由さ》だと思うのだけどやっぱりバンドによって観客の熱の違いが露骨で、
それが普通と思ってきたから、
キラフェスのあの空気感というか、アットホーム感には感動しちゃって。

あのテンションを始まりから終わりまでキープさせるKiramuneメンバーはもちろんなんだけも、それに応えるファンがたくさんいることにも。

CONNECTのときのサクラ色は正直歌もそうだけど、青とピンクに染まる会場があまりに綺麗でいつも感極まるのです。あれ素敵すぎるよね。ああいう演出含めてすごく好きな曲。


振り返ると、ライブハウスの音や、観客とバンドマンの熱量に魅了されたときの気持ちと、キラフェスの演出や、キャストと観客の熱量に魅了されたときの気持ちは、実はすごく似てるかもしれない。

キラキラしてて、でも熱くて、元気になってどきどきして。
自分が好きになるきっかけや、ポイントはやっぱりいつも一緒かもしれない。

Kiramuneのみんなも好きになってよかったー!
行ってよかったーって心から思うのです。

今年もそんな時間を過ごせますように。

その前にキラフェス2015の映像見るのが楽しみだな〜!\(  ˆoˆ  )/♡ 







 




マジライ5th stage備忘録 〜QUARTET★NIGHT篇

※ 大いにネタバレ ※


カルナイ!!!!!!!!まじもう!!!!カルナイ!!!!
泣いたわ!!!!!
終わったばっかの時はこんな感じで、カルナイ好きすぎて、ボキャ貧なわたしは愛しいと尊いしか出てこなかった。

では、お一人ずつ。

▼ 寿嶺二 (森久保祥太郎さん)

まさかRISE AGAIN聴けると思ってなくて、この曲のときのこと全然覚えてない。なので感想も書けないつらい。
あ、あれ!!エブリィバディ!赤い車で出てきたとこかっこよかった〜〜!!!
あのコンビ可愛すぎかよ笑 
でも森久保さんたまに気抜いてるからぼーとしてるとこカメラで抜かれちゃう。笑。かわいい。笑。
ちょっと待ってくださいよぅ。って相方と真似して待ってたけどいざ始まると嶺二にメロメロな相方が面白かったです。笑。
エボリューション イヴっていってくれた言葉忘れない!サンキューベリベリマッチョッチョ!!

▼ 黒崎蘭丸 (鈴木達央さん)

叩かれるの覚悟で書くけど最初骨折の噂聞いたときは、「は?疲労骨折とか自業自得な理由だったらまじで許さん。」ってスタンス(疲労骨折は蓄積されて折れるものだしメンテナンス怠ってそうなるのと、不慮の怪我でそうなるのは病識が違う)で仕事モード全開な目線で見てしまって、おいまじかよ。ぐらいだったのですが。
きちんと丁寧に、蘭丸の口からファンやスタッフさんや、メンバーへの申し訳ないという気持ちと、経緯(ダンスリハ中にスリップ)とお医者さんからは許可を得てステージに立っている説明してくれました。それを聞いてすごく安心したし、たつくんやっぱり素敵です。ちゃんとファンと真摯に向き合ってくれてて、あああ、応援しててよかったぁぁって思ったのです。
だけどやっぱり、やっぱりすごくすごく悔しそうで、申し訳なさそうに話す声を聞いてたらボロボロ泣けてきちゃって。
ステージに立ってくれてることだけでも嬉しくてありがたくて、ほんと、ロッカーだぜ黒崎蘭丸。
最後のMCで、エボリューションイヴっていってくれた嶺二と、つぎはぜってーリベンジしてやる。
っていったあの強い目と声が堂々としててかっこよくて、頭から離れない。
黒崎蘭丸許さない。


カミュ様降臨。ほんと、どうしたまえぬ。いやカミュ。いやまえぬ。ちょっとゆるパーマで茶髪だし。ブルーのカラコン入れてるし。え、なに、かっこいいんだけど。ちょ、見ないで、照れ、て、て、んにゃあああああ!!!!/////
い、今、指差していうか、カメラ見つめた、、、やめ、、し、、、、ひぃぃぃ!!!!ちょそのファンサどこでおぼえたの!!!!こら!!!お姉さんに教えなさい!!!!
おおおおあああウィンクううううう!!!!!!カミュああああああ、
まえぬうううう
あああ。蘭丸と肩組んでる(号泣)

っとまぁ、終始こんな感じで気づいたらライブ終わってた。笑。まえぬレボリューション。ほんとずっとまえぬにドキドキしてた。指輪いっぱいつけてくれるカミュさま尊い。
こんな軽率なわたしを踏んでください(愚民)

▼ 美風藍 (蒼井翔太)

プリンスの中でカミュさまと藍ちゃんだけがわたし今までどのイベントでも歌ってる姿も喋ってる姿も見たことなくて、美風藍を演じる蒼井翔太が、実はどのキャラクターよりも見たくてずっと、ずっとたのしみにしていたのです。
彼のお客さんを喜ばせるスキルの高さ半端なすぎるよ...。歌唱力はもちろんなんだけど、ダンスとかファンサとかすべてにおいてまもちゃんに次いで細やかで、可愛らしくて、ずーっっと見ていたくなりました。何よりもびっくりしたのが、lnnocent wind 。息を飲む。ってああいうこと言うんだと思う。
円盤化されるからあえて伏せるけど、ほんとにほんとにびっくりしたし、気合いというか、こだわりに脱帽です。
あと、ブラシャの蒼井くん尋常じゃないぐらいかっこよかったあああああ。
あれは演技力の賜物です。だけどMCはやっぱりみんなにかわいいかわいいってされて、ぷんっ!ってしても結局可愛い蒼井くんでした。
パフォーマンスしてるときのギャップが素敵です。蒼井くんだいすき!!



4人ざっと述べてみたけどこの4人は個々としてよりもやっぱりQUARTET★NIGHTとしての印象がとっても強くて。
蘭丸の怪我で予定していた100%のパフォーマンスができなかったことへの悔しさみたいなのが、カルナイの中には見え隠れしてたなって、個人的には感じてて。悔しくないわけないと思うんですよね。スタリはもうエンターテイナーの集合体で、最高のステージ見せてくれるし。そんなの、悔しいに決まってる。

一ファンがどう声かけていいかもわかんないし、気にしなくていいよ!とかもなんか、ちょっとだけ違う気がして。

だけど4人で補って支え合ってる姿も、11人で高めあってる姿も、あのステージをとことん楽しんでる姿も、紛れもなくわたしのだいすきなQUARTET★NIGHTで、本当にほんとーに格好良かったです。

待ってるよ!
リベンジ公演 絶対ぜったい、みにいくぞ〜〜!!!!

f:id:bunaco92:20160128223045j:image









マジライ備忘録 〜ST☆RISH篇 〜



※ ちょっとだけネタバレ ※



▼一十木音也  ( 寺島拓篤さん )

音くんはね、ずーーっと音くん!
ずーっと一十木音也だった!!(笑)
歌ってる時もファンを見渡す感じも、スタンドに声かけるときもお手振りしてトロッコ回るときもずーーっと音也くん。もうそれがね、嬉しくて嬉しくて。
「俺が好きな色振って〜〜!!」って、ファンに赤いペンライト降らせてから「わ〜〜!嬉しい!!!(かわいい)」っていうところまで。あと、キャストと肩組んだり絡みながら歌ってるときの表情とか。アコギほんとに弾いてくれたり、まだまだ進化するんで、うたプリはっ。て断言してくれたてらしーがとってもかっこよかったです。思わずトロッコ近くなったとき!おとくーーん!!!って呼んでしまったよ!
お手振り返して頂けるとほんと嬉しいな。見事なアイドル一十木音也でした!

▼ 聖川真斗 ( 鈴村健一さん)

音くんに比べたらまーさまを感じるというよりも、すずさんのライブって感じがしたな!(笑)悪い意味じゃないぞ!決して!まーさまのキャラクターが独特だからな笑!だけどやっぱり静炎ブレイブハートはかっこよかった...ああいう光とか炎とかの演出ってでかい会場ならではだし、すごく輝いてました。
あとやっぱり歌う鈴村健一めっちゃ好きだなって(笑)キラフェス2014、コネクトソロ2nd、でコネクトとしての魅力に魅せられてたのもあるけど、やっぱり歌う鈴村さんはすごーーーくかっこいい!そして頼もしい!勢い余ってなぜかトロッコで回る鈴村健一を見て泣いてしまった() 全然関係無いのにキラフェスで待ってるよおおお;;って。笑。
まーさまというよりも、鈴村さんの魅力100%なライブでした!!

▼ 一ノ瀬トキヤ ( 宮野真守 )

もううううトキヤというより、まもちゃんはね、ファンサのデパート!!!!
なにあれ!!!あのね!!!絶対視線いただけた!!このまましぬんじゃねぇかと思った!!!もうう、しゃべり方かわいいし、他キャストのことベタ褒めするし、カメラ使うの上手だし、自分から他のスタリメンバーにちょっかい出しにいくし、可愛すぎて何度白目向いたか...
そしてあの歌唱力とパフォーマンス。
ほんと頭一個飛び抜けてんだよな...。
何者だよまじで。好きだよ。愛してるよ。
噂の、シャインで《Kiss me...》の部分、ちゃんときゃーーってなるの我慢したら喧騒にまぎれてだけど、しっかりリップ音入れててくれました。ちゅって。
可愛すぎかよ(涙) 遠くのスタンド方にもずーーっと手振ってあげてて。ずっと優しいの。王子。センターステージでトークするときも、メインステを背に向けてサブステを正面にして全員一列横並びで喋るから、両脇わりと寂しさ感じるんだけど、合間合間でお客さんと絡むときはまもちゃんと下野さんは、ペンライトふわふわふわ〜ってふると、ぱぱぱってお手振りしてくれました。天使。
念願の一ノ瀬トキヤとして宮野真守を見れてわし幸せ。゚(゚^ω^゚)゚。

▼ 神宮寺レン (諏訪部順一さん)

レンくん!レンくん曲やっぱりかっこいいよな〜〜。曲というか、レンくんが歌うからあの雰囲気になるんだけど、インストちゃんと聴くとわりとエレクトロニックぽかったり、クラブのダンス曲ぽかったり(EDMとはまたちょっと違うんだけど)間奏がベース音ブリブリで実は蘭丸に次いでロックなんじゃね???っていう。曲からも内側に秘める熱みたいなのを感じられるのがほんとにレンくんぽくて、惚れ惚れしました。あと「足辛くない?」とか「疲れてない?」とか、ほんとにファンをレディ扱いしてくれるレン様まじ紳士。それが自然に出てくるべ様の罪深さに膝から崩れ落ちるのでした。

▼ 四ノ宮那月 (谷山紀章さん)

もう、弦楽器の生演奏はずるいわ〜〜。それに負けないぐらいのパフォーマンスしてくれるなっちゃんにも感動でした。やっぱり生っていいよね。
ビブラートというか、フェイクが好みすぎてずっと聴いてたい。きしょーさんの声。煽ったりするときはどーしてもKISHOWが見え隠れてしまうけど(笑)その感じもさつき降臨か!?って思えてわたしはとっても好きでした。オラオラな感じで煽られると、負けねーわおら!!!なめんな!!!って物騒になっちゃうわたしの可愛くなさは置いとく。音くんと歌うとき楽しそうで、見てるこっちも幸せでした。つぎは踊るなっちゃんが観れるといいな!(笑)

▼ 来栖翔 (下野紘さん)

エンターテイナー賞は紛れもなく彼のものです。ついに、さいアリの空中を声優が飛び回る時代です。そして回ります。
アクロバティックすぎて一発目回った時爆笑してしまった。ごめん翔ちゃん。でもでもま!じ!で!かっこよかった!
ちょーーー回るの!!!!
ちっちゃい体で端から端まで走り回る感じとか来栖翔すぎて、はああああ/////って膝から崩れ落ちるのでした。あとね、翔ちゃん、めっちゃ手振ってくれる。ピンク振るとめっちゃ手振ってくれるの。しかもちょー笑顔。しかもハット抑えながら。
翔ちゃんでしょ??尊さしかない(頭痛)
MCで飛ぶの楽しいっ!て話す下野さんがすっごく可愛かったです。愛してるぜー!

▼ 愛島セシル (鳥海浩輔さん)

セッシーは出てきた瞬間から、セッシーほっそ!!!!!え!!!!痩せ...や、細すぎるぜええええ!!!って鳥海さんの体調を心配するところから始まりました。職業病ですな。セシル曲は優しくて柔らかくて好きです。鳥さんの雰囲気にも癒される。他のメンバーの話たまに聞いてないのね。話振られて「..え??」っていう鳥さん(笑)ほんと癒される。
MCもあんまり前に前に出る感じでもなく見守る感じがセシルぽかったな。
黒猫出演するステージ演出ほんとに実現してほしい〜。この話してるときだけはどんどん話してくれて、鳥海さんが一番楽しそうで印象的でした。


スタリはほんとに仲良くて、楽屋でもこんな感じでつっつきあってるだろうなーかわいいな〜。って思えて見ててとーーっても楽しかったです!!ライブでもトークでもどこを切り取ってもうたプリ愛を感じられてとっても幸せでした!

さてお次は!カルナイ!!!!!!




うたの☆プリンスさまっ♪ MAJI Love Live 5th Stage



ずっと書きたかったのです。最高に素敵な幸せな時間を過ごさせてくれたプリンス様たちへの愛しかないです。
余韻半端なすぎて毎日聴いてる...。


4年越し念願の初参戦はまさかまさかのセンターステージ (センターブロックっていうのかな?)4列目。
始まる前本気で吐くかと思った。
と同時にこんなぺーぺーがこんな良席で申し訳なさと罪悪感で爆発したくなった。

驚きとドキドキで所々覚えてない。笑。
ただダンサーにメンディーいたのだけは覚えてる。ただのメンディーだった。
相方と転換中、まじメンディー(笑)メンディー存在感 ww って笑いまくったのだけはめっちゃ覚えてる。


念願の初参戦だったものの、チケット当てた当初は、うぉっしゃあああキタコレェェって思ってたんだけど、そこから数ヶ月他に追っかけるものがあったり12月、1月繁忙期で時間なくて音楽ちゃんと追っかけてなかったり、あとファンのいい噂を聞かなすぎて恐怖心あったり。
楽しみ半分不安半分。
ライブ前によくこうなる癖やめたい。
熱しやすく冷めやすい。わたしのよくないところだ (´・ω・`)
(あと前日の小野くんのライブが良すぎてな!小野くんもいつか詳しく書こう)

だけど行ってみたらやっぱり楽しくて楽しくて、アイドルのライブだあああ!って!プリンスだあああ!って(笑)
もう〜〜幸せで!!!笑

プリンスさまって本当にいるんだなぁって泣いてしまったり。
何よりキャストの方々のうたプリ愛がすごくて(笑)大好きなのが伝わってきて
ファンとキャストの愛に溢れたほんとに素敵なライブだったのです。
思い出してもにやにやしてしまう。
行ってよかったほんとに。


次からの記事は各プリンス様へのラブレター!(笑)

好きなものを、好きなだけ愛情こめて。



UVERworld 2015.12.12-13

ぶっちゃけ自分の思ったことを好きにだらだらと書きたくて始めた。
このブログ。

手始めに昨年12月に参戦したライブのこと。これは記録しておかないと後悔するとおもって帰ってきたその日にメモ帳に泣きながら打ったのを覚えています。笑。
せっかくなのできちんとした形で残したい。以下 、2年半ぶりに参戦して出戻りした身勝手なやつの身勝手な日記です。

10年前にUVERworldを知って、それ以来好きで、大学入学を機に仙台に越してからライブも行くようになりました。

f:id:bunaco92:20160127230533j:image

そこから約2年半、横浜も代々木も、地元のライブもいける範囲のものはすべて制覇するぐらいの勢いでずっと追いかけてました。笑。
全力で追いかけた2年半で、さらに仲良くなった友達もいたり、(オフ会も一度だけ行ったり!)UVERがきっかけで出会えた友人もいたりします。みんな今でも大好きで大切な人たちです。

大学3年の就活開始と同時ぐらいかな。気づいたらライブに行ける機会もどんどん減って、他に好きな音楽に出会って、夢中になるものが他にもっとできたりして、ライブに行かなくなり、新譜もチェックしなくなり、どんどん大きくなるUVERworldを、素直に応援できなくなっていて「なんだか、わたしが大好きだったUVERworldとちょっと、違う」そんな身勝手な理由で、ここ最近の約2年間、ちゃんと追いかけてなかったのです。

そして約2年半ぶりに、anniversary Tour 宮城公演に参戦して参りました。
ほんと、出てきた瞬間から、最後までほぼ泣いてたんじゃないかな。(笑)
初めて聴いた、中学生時代の思い出も、大好きで追いかけまくってたライブの思い出も、UVERを通して出会ったともだちとの思い出も、ぜんぶぜんぶ引きずり出されてしまって。
f:id:bunaco92:20160127230311j:image

何より、初めて彼らをを見たときと同じドキドキとときめきと、熱量で見つめて、音楽に浸って、楽しくて楽しくてしかたなかったです。それと同時に、あぁ、なんでわたしはこんなに素敵なバンドをちゃんと追いかけて来なかったんだろう。自分の勝手な都合で、追えなくなってしまった自分がいやで、《UVERが変わったから》そんな身勝手な理由で、何も見て来なかったここ2年間を心底後悔していました。
相変わらず、全力でぶつかってくれるUVERworldに、心の中でずっとごめんね、ごめんねって、謝ってた。ありがとう、かっこいいよ。やっぱりずっとかっこいい。ずるいなぁ。大好きだよ。って。ずっと声も出せずに腕も上げれずに、ただただ聴いていた曲もあります。
「こんな俺たちを愛してくれてありがとう」
って言われる度に、罪悪感でいっぱいで。

罪悪感と申し訳なさでいっぱいなのに、それを知ってか知らずか()わたしが大好きでずっと聴いていた曲、もし10年前のライブに行けたら聴きたいと思っていた曲、4年前初めて生で見て泣いた曲、かっこよくて踊っちゃう曲、ぜんぶやってくれるから、ずっと涙が止まりませんでした。

スタンド向かっていってくれた「おい、何泣いてんだよ!!!そんなにこの曲聴きたかったのかよ!!!笑」っていうたくやくんの声が今でも耳に残ってて、自分に言われてるかもわかんないのに、泣きながら全力で頷いた。笑。

勝手に離れて、勝手に感傷に浸って、
どんだけ都合いいやつなんだよって思われても仕方ないんだけど、過去曲やってくれたからとか、そういうことでもなく、初めて見た4年前からUVERworldはずっと変わらずに格好いい。進化をしても、前に進んでも、どんどん格好よくなってても、わたしが心を動かされる大好きだった曲はずっと変わってなかったよ。
金テープが飛んだ瞬間が、あまりにもきれいで、2年前に、ずっと見ていた光景がまた蘇ってきて、しかも大好きな曲で、ずっと頭に焼きついています。

12/12、13日の2日間は、離れていた2年分の後悔もぜんぶ込めて、歌って、泣いて、笑って、もちろん楽しむことも忘れずに、最高な時間を過ごせました。

f:id:bunaco92:20160127230403j:image

これからも、初めて見た4年前と同じように、ドキドキワクワクしながらUVERworldを応援していきいです。









お初。


何年ぶりかにブログを開設してみました。ぶなこです。
きっとおいしかったご飯とライブと応援している人たちのお話しかしないとおもうのだけど。笑。
いつも楽しい思い出もあっと言う間に忘れてしまうので記録と記憶のために。

いつまでつづくのか。
やってみます (*'ω'*)